smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

KEITH MANHATTAN@大丸 東京店

シュークリーム ¥210

KEITH

前回行った時には、確か3個入りと6個入りのものしか
なかったのであきらめたお店です。
今回は1個でも売られていたので、購入。
見た目は好みな感じです。

こちらのお店のことをちょっと調べてみると、
「BUZZSEARCH」、「GIOTTO」、「[GRAMERCY]NEW YORK」と
同じ会社のブランドでした。
「[GRAMERCY] NEW YORK」のゴージャスな雰囲気とか
「BUZZSERCH」の大きめのスイーツとかからアメリカ発かと
思いきや、名古屋発でした。
ブランディングに成功してる気がします。

シュークリームは、しっとりめの皮にチョコレートソースと
アーモンドのトッピング。
このチョコレートソースがそこはかとなくアメリカっぽさを
演出してます。(アメリカに行ったことないけど)
しっとりしていながらも重たくはなく、チョコレートも主張しすぎず
いいバランス。
ただ、ちょっともっそりしてるかな。
中のクリームはカスタード。生クリームの白もちらほらと見えています。
アメリカ風でありながらも大味なわけではありません。
若干甘さが強めながらも、重たすぎないのは生クリーム率がちょうど
良いのでしょうね。
価格の割にはボリュームもあって、お買い得かも。

皮     ☆☆☆
カスタード ☆☆☆☆
バランス  ☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 18:02, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

ねんりん家@大丸東京店

マウントバーム しっかり芽 生  ¥683

連休に会う友人へのお土産を探しに、再び大丸へ行ってきました。
マカロンなどの生っぽいのはギリギリで連休前には賞味期限が
アウトになってしまうのが多く、ちょっと困ってうろうろしてました。
元々、フィナンシェとかの焼き菓子をいろいろ買おうと思ってたのに
バラ売りはほとんどないんですね。
大概が箱にちゃんと収まったギフト仕様です。
「東京土産」モードなんですね。仕方ないです。

そんな中、以前にテレビで見かけて気になっている、と友人が
言っていたバウムクーヘンのお店を発見。
池袋にしかないと思っていたので、テンション上がります。
せっかくだから、丸のままのを買おうとしたら
「本日分終了」の札が。
テンション上がったり下がったり。
残念ながら出直す時間はなさそうなので、ここはカットしたもので
ガマンする(してもらう)ことにしました。

が。
ふと「極上の当日分」の文字が。
消費期限は当日中、の生タイプ。
「旨みの最高地点」らしいですよ。これは抜け駆けするしかないでしょう。

マウントバーム

そこそこの長さの行列に混じっていると、次々と「生タイプ」も売れて行きます。
後4人くらいのところで、残りは3本。ドキドキしていたら、大量に追加されました。
ほっ。

そんなこんなで入手した「極上」。
わくわくしながら開封しました。
ご覧のとおり、お皿がたぶん18cmなので長さは20cmくらいでしょうか。
しっかり芽、と言うだけあってしっかりしてます。
密度が濃い感じ。
外側はシュガーのコーティングとしっかり焼かれた生地でパリパリした食感、
中はしっとりしっかり。
バウムクーヘンってもそもそするばっかりなイメージだったのですが
これは違います。
年輪のところを噛めばほろっと分かれるものの、それ以上に崩れることは
ないです。これなら好きです。
生タイプだからなのかなー。お土産に買った、日持ちするタイプと比べたら
わかるでしょう。
さらに、「やわらか芽」というよくあるタイプのルックスのも気になります。

食感も楽しかったしいい感じだったのですが、さすがに一人でこの1本は
多かった…。甘いです。さすがに。
見た目はそんなにボリュームがあるように見えなかったんですけどね。
見た目からこのコーティングで甘いことは予想できたはずなんですけどね。
1/3くらいだったら、かなりお気に入りに入ってたかもしれません。

あ、そうそう。「バウムクーヘン」ではなく「バームクーヘン」なんですね。
なんとなく、「パウム」の方がしっくりくるんだけどなー。
語源でも調べてみます。

JUGEMテーマ:スイーツ


at 01:44, Kay, その他

comments(6), trackbacks(0)

Patisserie Chef@蒲田東急プラザ

シューアラクレーム ¥315

パティスリーシェフ

お店の名前に「GINZA」と付いてます。
ストレートすぎる名前にさらに銀座。気になります。
調べてみたら、風月堂さん系でした。

実はこれ、食べた後で調べたのでものすごく腑に落ちました。
皮がまずクラシック。かさっとした乾いた皮に、あまり凝った
トッピングもなし。
これはなかなか好みです。
プレートには「カスタードと生クリームを入れました」みたいな
ことが書いてありました。ストレートだぁ。
カスタードと生クリームの二層かと思いきや、ちゃんとすでに
ブレンドされてます。あのさー。フツーなんですけど。
ま、二層でもフツーですけどね。
ブレンドのバランスは悪くない。ゆるすぎず固すぎず。
たまたま出会った割には当たりかな、と思いつつ食べていると。
むむむぅぅぅ。
あ、甘い………。
口当たりはそうでもないのに、後味が甘い甘い。
これもまたクラシックな甘さなのかな。

ちなみに、「GINZA」と付いているのに銀座にはお店はないようです。

皮     ☆☆☆☆
カスタード ☆
バランス  ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 21:23, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

WITTAMER@大丸 東京店

ムッシュ ¥210

WITTAMER

ヴィタメール、と読むそうです。
ベルギー王室御用達らしいです。

リニューアルした大丸 東京店は1Fに和洋菓子売り場があるのですね。
駅構内から売り場に入った瞬間、化粧品の匂いがしたような気が
しました。1Fだと思ったイメージのせいかなぁ。
コンコースからつながっているので見るだけのお客さんも
たくさんいるようで混雑してるし、化粧品ぽい匂いがした気が
するしでちょっとテンションが下がり気味でした。
それでもショーケースを眺めてるうちにすぐ復活。
スイーツ売り場って楽しいなー。

このお店は初めて見ました。
ベルギーと言えばチョコレートですよね?違った?
でもチョコレートはあんまり押してる感じではなく、焼き菓子から
マカロン、生ケーキといろいろ並んでました。

ここのパッケージはピンクと白でカワイイです。
箱はシューが2つ入るかどうかくらいのコンパクトなものが
用意されていて、さらにはそれにちょうどいい紙袋も。
小さいものってそれだけでもカワイイと思ってしまうのは不思議。

さて、シューです。
ムッシュという名前は初めてですねぇ。
ちょこんと出たカスタードがペコちゃんみたいです。
トッピングはキャラメリゼされたアーモンド。
これ、好きなんです。
皮は軽めでびっくりするほど甘くないので、アーモンドの甘さが
ちょうどいい感じ。
カスタードはというと、また知らない香りが…。
なんとも独特な香りです。
かと言ってバニラの香りがないわけでもなく、オリジナルな
カスタードでした。
軽めの皮+キャラメリゼされたアーモンド≦カスタードと
バランスもなかなか。
チャンスがあったらエクレアも買ってみようかな。

皮     ☆☆☆☆
カスタード ☆☆☆
バランス  ☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 21:48, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

パスティチェリア アルポルト@GRANSTA

シュークリーム ¥370

アルポルト

東京駅にできた、エキナカのグランスタに行ってみました。
スイーツコーナーの端っこに、アルポルト。
え?あの?
と思って立ち止まると、見覚えのある片岡シェフの笑顔が。
もちろん、写真ですけどね。
アルポルトがスイーツショップを展開しているのは知りませんでした。
イタリア語では「パスティチェリア」が「パティスリー」の
意味のようです。ゼッタイ覚えられない。
なのに商品名は「シュークリーム」なんですね。
「ビーニエ」じゃなくて。

グランスタのスイーツコーナーでシュークリームを
置いているのはここ「アルポルト」と「BUZZSEARCH」。
BUZZSEARCHさんは季節モノではなくスタンダードなのを
置いていて気になったのですが、せっかく来たので
まだ1度も食べてないお店のを買って帰りたいです。
物足りなかったので、つい改札を出て大丸まで足を延ばして
しまいました。それは別エントリにて。

で、大丸に行って、電車に乗る前に買おうと後回しにしてたら
売り切れてました。
はじめに通りかかった時にはそこそこの数は並んでたはずなのに…。
ネームプレートが出たままになっていたので、店員さんに声を
かけてみました。
言ってみるもんですね。「今出ます」とのお返事とほぼ同時に
トレイに乗ったシューが登場。
見ただけであきらめなくてよかった。

なかなかいいお値段のシューは、ずっしりどっしり。
写真でわかるでしょうか。
全身にアーモンドダイスがたーーーっぷり。
皮がまた重たい。アーモンドの量のせいじゃなく、皮そのものが
ずっしりこってり。ちょっともそもそ。
カスタードは生クリーム率が割と高く、あっさりめな口当たり。
それなのに、食べ進むと意外にクリームの甘さが残ります。
ううむ。くどい。
イタリアンのドルチェは比較的甘くて重いものというイメージが
あるので、これが王道なのかなぁ、と思ったり。

そして食べている間中、お皿にぽろんころんとアーモンドダイスが
落ち続けました。
食べにくいったらないです。
箱にはスプーンが入ってたのですが、どうやって食べればよかったんで
しょうか…。

皮     (なし)
カスタード ☆
バランス  ☆
コストパフォーマンス (なし)

JUGEMテーマ:スイーツ


at 23:45, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

KIHACHI@大丸 東京店

シュークリーム ¥294

KIHACHI

意外に遅い登場になりました。
銀座三越とかアトレ恵比寿とかで見かけるもののなかなか
タイミングが合わなくて買えないでいたので、ようやく、です。

たっぷり顔を出してるオレンジがかった色のクリームが
気になってたんですよね。
素直なカスタードじゃなさそうですからね。

見た目の大きさに反して、持ってみると軽ーい。
皮はしっかり乾燥してるタイプで、さくっというより
かさっとした感触です。
トッピングはアーモンドスライスがところどころに。
皮とアーモンドは色もほとんど同じな上にぱりぱり感も似てて
あんまりトッピングとしての存在感はないです。
その分不意打ちでアーモンドの香りがするのはそれはそれで
また楽しいです。

オレンジ色っぽいクリームはカスタードでした。
でもそれだけじゃなくて、バニラだけではない何かの香りが。
相変わらず勉強不足なので何かはわかりません。
お酒だと思うのですが。
甘さは控えめで、重すぎず軽すぎず。
だけど量が多い…。
皮がさくさくな分、カスタードをどっしり感じます。
キレイに波打ってる部分は、やっぱり乾いちゃってました。
デコレートも大事だけど、乾いたクリームはあんまり
イタダケないですよ。

皮     ☆☆
カスタード ☆☆☆
バランス  ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 20:19, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

BUZZSEARCH・その2@ecute品川

ブラックシュークリーム ¥189

ブラックシュークリーム

真っ黒シューです。
レグランさんの時はカテゴリを迷いましたが、今回は即決。
なぜかというと、こちらは中まで黒いんです。
ココア生地の皮に、チョコのクリーム。
BUZZSEARCHさんのシュークリームは季節で変わるようなので、
これは冬バージョンでしょうか。
(秋かもしれない…ちゃんと見てきませんでした)

トッピングのアーモンドは、袋に入れて2〜3回叩いたくらいの荒いクラッシュ。
これくらいの大きさの方が、ココア風味の皮とかチョコ味のクリームに
負けないんでしょうね。
皮はほんのり苦味の残る大人の味。
個別に袋(密封はされてません)に入っているためか、少ししっとり。
クリームは舌触りがとってもなめらかでねっとりしてます。
カスタードにチョコを加えてるのでしょうか。
チョコそのまんまのクリームではないので、本気でチョコが好きな人には
物足りないかもしれません。
全体的なバランスとしては、少ーしだけクリームが強かったかな。

夏のプリン入りもおもしろかったけど、これはこれでまたいいかも。
次のバージョンもまたチェックしてみます。

皮   ☆☆☆
クリーム ☆☆☆☆
バランス ☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 21:50, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

パティスリーISOZAKI@プランタン銀座

シューパリジャン ¥250

ISEZAKI

すっかり久しぶりのエントリになってしまいました。
なかなか買いに行くタイミングが合わないだけで
あきらめたわけではないですので。

下半分は固そうな感じに見えます。
サブレっぽい見た目なので、重めの皮なのかな。
と思いきや、さっくりふんわり。
意外にも軽いです。
香ばしくて甘くない皮に、細か目のクラッシュアーモンドの香りと
粉糖の甘さのバランスがとてもいいです。

カスタードは生クリーム少な目のブレンド。
これもまた好み。
さっくりふんわりの皮に少し重めのカスタード。
いい感じです。
値段の割りにボリュームもあるし。
と思ったら、だんだんカスタードの甘さが強くなってきました。
初めの口当たりではそんなに甘さは強くないのですが、
口に残るタイプですね。
惜しかったなー。

皮     ☆☆☆☆☆
カスタード ☆☆☆☆
バランス  ☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 12:30, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

TOKYO SWEETS FACTORY@プランタン銀座

シュークリーム ¥210

TOKYO SWEETS FACTORY

ストレートな名前のお店だなぁ、と思いちょっと調べてみたら
今年の7月に自由が丘にできたばかりみたいです。
プランタン銀座もリニューアルしたばかりだし、新しいお店
なのですね。
こちらのお店、お持ち帰りのボックスは普通のものでしたが、
ギフト用のボックスがとてもカワイイです。
焼き菓子を入れる箱が本の形をしていて、表紙には
女の子がおいしそうにスイーツを食べていたりと
サイズによって違うかわいらしい写真がプリントされてます。
こんな箱でお菓子をいただいたら、もったいなくて捨てられないです。
プレゼントをする機会があったら、ここのお菓子にしようかな。
もちろん、まずはシュークリームで味を確かめてから。

まぁるくてカワイイシュークリームです。
皮の切れ目から絞った生クリームがのぞいていて、カスタードは
ちらっとしか見えません。
ツインクリームだけど、生クリームがメインなのかな。

上の皮をはずして、クリームをつけながら食べようとしたら
すっかり生クリームがくっついてきてしまいました。
生クリームのシューとカスタードのシューに分裂。
ありゃー。
こういうのって本当は2つのクリームを混ぜながら食べるんじゃ
ないのかなぁ。
まぁいいや、と下半分をがぶり。
勝手に生クリームメインでカスタードが少なめなのを想像してたら
下半分にカスタードがたーっぷり。
皮は薄めです。
カスタードはそこそこバニラの香りの効いた、ぷるぷるタイプ。
ウエストさんのに似てます。
少し甘めなので、コーヒーや濃い目の紅茶がお供にあった方が
いいですね。カスタードの量も多いし。
皮は可もなく不可もなく。
さくっと軽いタイプなのですが、香ばしさが物足りない感じ。
上半分はというと、いわゆる普通な生クリームで特にどうということは
ありませんでした。
焼き菓子はどうなんでしょうね。
カワイイボックス、迷うなぁ。

皮     ☆☆☆
カスタード ☆☆☆
バランス  ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

at 00:31, Kay, カスタード

comments(0), trackbacks(0)

ひまわり@武蔵小山

ババロアシュー ¥150
ひまわり2

駅前の、期間限定でお店が変わるスペースのようなところに出てました。
ずっと出店されてるのか期間限定なのかホントのところは未確認です。

「ババロア」に魅かれて買ってみました。
すると、ハンバーガーなんかを入れるような、紙を2枚接着して袋状に
したのにぽいっと入れてくるくると開いた口を閉じたものをそのまんま
渡されました。
↓それを開けたところ。
ひまわり1

箱やら保冷剤までの期待はしてませんでしたが、あんまりじゃないですか。
トートバッグに入れたら、出てきてしまうかもしれないし、そしたら
シューにとってもバッグの中のもろもろにとっても大不幸です。
かといって、手にそのまま持っていてはあったまってしまいます。
ここですぐ食べろってこと?
あぜんとしているうちに、後ろにいたおばさんがお店のおじさんに
問いかけました。
「ここで作ってるんですか?」
するとおじさんは、『はぁ?何言ってんの?』という態度で
「ここじゃ狭くて無理無理」と。
こんな態度を取れる人じゃあ、袋ください、なんて言ったら
ものすごくイヤな顔をされそうです。
袋は他のお店で買い物をしてなんとかすることにして、すごすごと
その場を立ち去りました。
でも、こういうのに限ってけっこうおいしかったりするんだろうなー。
だったら悔しいなぁ。

帰ってから開けてみると、他に買った物と一緒に袋に入れていたため
案の定軽くつぶれてました。
こればっかりはしょうがないです。
手に持ってたら、ババロアが溶けちゃってたかもしれませんからね。

皮は今までで一番かさかさです。
軽くてかさかさ。焼いて香ばしくなってるというのでもなく、ただ
乾燥してます。
どうすればこんなにまでかさかさなままをキープできるのかが不思議なくらい。
中のババロアは、ババロアというよりも中途半端なカスタードと生クリームの
ブレンドみたいなもの。
保冷剤もないままにしばらく持ち歩いてたから、ゆるんでもいたんでしょうね。
少しでもおいしく食べてもらいたいというお店の方の愛情も感じられなかったし
こちらも適当にしか食べる気になれませんでした。
ゆるんだスイーツって、無駄に甘いんですよね。これもまたしかり。
ちゃんと冷やし直してからだったら、もっとましだったのかな。
凍らせてシューアイスにしても、と看板に書いてあったので冷たい方がいいのは
明らかですし。
お店のおじさんの態度にあまりにもアタマに来たので、シューにはかわいそうな
ことをしてしまいました。
でももうここでは2度と買いません。

皮     ☆☆
クリーム  ☆☆
バランス  ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

at 01:09, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)