smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

THE PENINSULA TOKYO@有楽町

エクレール ¥420

ペニンシュラといえば、チョコレートですよねー。
と知りつつもシューを目指して寄ってみました。
帝国ホテルみたいな値段を予想しつつ。

まず目に入ったのは、小さなシューを積み上げて(と言っても
ウェディングケーキみたいに高くはないです)ある、ホールケーキ。
4,200円なり。
さすがにそれはなぁ、と思いつつプチガトーをチェックすると
シュークリームはありませんでしたが、エクレアが。
見た目はピンクでも、中からのぞいているクリームはカスタードだし
これはいいんじゃないかな。
ペニンシュラ

正直なところ、このピンクにはちょっと躊躇しました。
あーんまり食べ物の色じゃないですよねぇ。日本人としては。
何なのかなー。
舐めてみると、ちょっと酸っぱい。ラズベリーを粉末にしてあるとか
そんな感じかな。
皮はちょびっとだけもっそり系。でもイヤな感じではないです。
カスタードだと思っていた中身は、よく見ると二層になってます。
二層というか、カスタードの上に何かが一枚乗ってる。
クリームよりも固くて、フルーツのペーストを固めたみたいなもの。
何だろう〜。色はマンゴーっぽいです。
単独で食べてみても、わかりませんでした…。味は甘酸っぱい。
カスタードは正統派です。甘すぎず、しっかりしてます。
ほんのり酸っぱいピンク色のトッピング、割と存在感のある皮、甘酸っぱいペースト、
ちゃんとしたカスタード。バランスは絶妙です。
さすが、なのかな。
シンプルなシュークリームもきっとあるでしょうから、また行ってみます。

皮    ☆☆☆
クリーム ☆☆☆☆
バランス ☆☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 18:27, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

ガトーマスダ@有楽町イトシア

シュークリーム 2個入り ¥400

もうチェックしつくしたと思っていたイトシアに、まだありました。
カスタード5個入りか、カスタード&黒ごま&こしあん(つぶだったかな?)の
3種類5個入りは前に見てたのですが、2個入りがあることに気づいたので購入しました。

2個入りってこんなの。
ガトーマスダ

こちらのお店、基本的にはアップルパイ押しらしいです。
試食もあって、いただいてみたところなるほどリンゴのいい香りのする
アップルパイでした。
でも目指すはシュー。
オーダーする前から箱詰めになっているらしい状態が気になりつつも、
買ってしまいました。

箱から出すとこんな感じ。


白い粉糖がかかってるのがカスタード、隣は黒ごまです。
この子たち、けっこう長い間箱に詰められっぱなしになっていたらしく、
箱を開けた瞬間から蒸れた匂いがしてます。
むー。焼き上がって冷めないうちに箱詰めしちゃったんでしょうか。
皮の香ばしい香りはないんですねー。
そんなことを思いながら、黒ごまからいただきました。
5個入りのに「あんこ」のがあったくらいですから、和風なのかなぁと。
それはそれでおもしろいですよね。ちょっと期待します。
で、黒ごま。
予想としては、カスタードに練りゴマをブレンドしてるのかなー、と。
ところが、まず皮がダメ。
蒸れた匂いともそもその皮。そしてカスタードに中途半端につぶしたゴマ。
ゴマ入りのクリームもなんだか独特の香りがしてます。
何だろう〜?
香りも食感も苦手。

もう一つのカスタードもいただきます。
トッピングの粉糖が効いていて、あ・まーーーい。
カスタードも口残りのするくどい甘さ。
皮は黒ごまのと同じです。

だめだこりゃ。

皮もクリームもバランスもコストパフォーマンスも、☆ナシ。

JUGEMテーマ:スイーツ


at 02:40, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

ガトーメゾン・シェ松尾@松坂屋銀座店

シュー・ショコラ ¥367

相変わらず銀座のデパ地下をうろうろしていて出会いました。
バレンタイン期間の限定版だそうです。

シェ松尾

シンプルなチョコレート系のシューのようです。
ココアっぽい皮にチョコレートのソースもかかって、
チョコレートクリームもしっかり顔を出してます。

…………。
やられたーーー。
皮は固いんです。ちょっと固すぎるなー、と思いながら食べていると。
チョコレートクリームは甘すぎずいい香り。
特に気にせずに食べていると、なにやらとろりとした感触が。
むむ?と改めて見てみたら…。
チョコレートクリームの下にチョコレートソース。
その下にはカスタード。さらにその下からはチョコレートクランチ。
写真でもわかるチョコレートクリームは少しだけ固め。
その下からはとろーーーりとソースが。
このソースはトッピングのように固まってないんです。
そしてまたねっとりとろりとしたカスタード。
クリームたちのハーモニーを楽しんでいると、不意打ちで
カリカリしたクランチが。
楽しい〜〜〜〜〜♪
これだけの中身を支えるには、皮が固めなのは仕方ないです。
むしろ、これくらいでなくちゃ。

断面も写真に撮るべきかなぁ、と思ったことが何度かあるのですが
そうするとこういう食べながらのサプライズがなくなっちゃいますから
やっぱりこれからも食べる前に切ることはないと思います。基本的には。

西洋銀座さんの「プロフィットロール」以来の感動でした。
もしかしたらチョコレート好きなのかなぁ。

皮    ☆☆☆☆☆
クリーム ☆☆☆☆☆
バランス ☆☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆☆


JUGEMテーマ:スイーツ


at 21:57, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

QBG LE PATISSIER TAKAGI@ecute品川

メープルエクレア ¥230

そういえばずいぶんシュークリームを食べてないなぁ、と思ったら
エントリが1ヵ月もあいてました。びっくり。
そりゃー食べたくなるはずだ。

ということで、帰りに銀座のはじっこにある超有名店へ行ったのですが
残念ながらシュークリームは売り切れでした。
やっぱり仕事が終わってからだと難しいなぁ。

たぶん銀座の真ん中へ行けばデパ地下とかでまた初めてのシューに
出会えるのでしょうが、帰り道と逆方向だしなー、でも疲れてるし
甘いもの食べたいなー、とぐだぐだしながら結局は山手線に
乗ってしまいました。

ふと、もしかしたらBUZZSEARCHさんでシーズンものが出てるかも
とecute品川へ。
BUZZSEARCHさんにシューはなかったのですが、今回はこれに出会えました。
限定だそうです。

QBG1

エクレアって、チョコとかモカとかのクリームがかかってるものを
そう呼ぶのだとばかり思っていたので、これもエクレア?と
ちょっと不思議な感じがしました。
調べてみると、基本的にはチョコレートがかかってるものみたいですが
名前の由来は形から来ているという説もあるようで、これはこれで
アリみたいです。

そしてお店の名前も調べてみると、
クイーン・ビー・ガーデンとパティシエ・タカギのコラボショップとのこと。
ハチミツやメープルシロップにこだわったスイーツのお店だそうです。
ながーいロールケーキ「エクスプレスロール」はテレビなどにも
出てますね。

久しぶりのせいか前置き長いです。

包みをはずすとこうなります。
QBG2

さて、肝心の味の方は。
皮は外側は少し固めながらも、さっくりふんわりしていていい感じです。
皮そのものはほとんど甘くないのですが、粉糖がたっぷりめにかかってるので
甘みはけっこうあります。
クリームはメープルの香りがしっかり入ったカスタード。
濃すぎず、ゆるすぎず。
ただ、ちゃんと作られたカスタードにメープルシロップをプラスしている
のでは、と思える甘さです。
元々のカスタードが持つ甘さにメープルシロップがさらにオンされてます。
ちょっとくどいかなーーー。
甘いものが食べたいと思いつつも、もう少し軽いのがよかったな、と
思ってしまいました。

と、いいつつおまけ。
10円まんじゅう
近所に10円まんじゅうのお店ができたので買ってみました。
左からカスタード・黒糖・チョコ。
明日食べてみます。

メープルエクレア
皮     ☆☆☆☆
クリーム  ☆☆
バランス  ☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 00:56, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

BUZZSEARCH・その2@ecute品川

ブラックシュークリーム ¥189

ブラックシュークリーム

真っ黒シューです。
レグランさんの時はカテゴリを迷いましたが、今回は即決。
なぜかというと、こちらは中まで黒いんです。
ココア生地の皮に、チョコのクリーム。
BUZZSEARCHさんのシュークリームは季節で変わるようなので、
これは冬バージョンでしょうか。
(秋かもしれない…ちゃんと見てきませんでした)

トッピングのアーモンドは、袋に入れて2〜3回叩いたくらいの荒いクラッシュ。
これくらいの大きさの方が、ココア風味の皮とかチョコ味のクリームに
負けないんでしょうね。
皮はほんのり苦味の残る大人の味。
個別に袋(密封はされてません)に入っているためか、少ししっとり。
クリームは舌触りがとってもなめらかでねっとりしてます。
カスタードにチョコを加えてるのでしょうか。
チョコそのまんまのクリームではないので、本気でチョコが好きな人には
物足りないかもしれません。
全体的なバランスとしては、少ーしだけクリームが強かったかな。

夏のプリン入りもおもしろかったけど、これはこれでまたいいかも。
次のバージョンもまたチェックしてみます。

皮   ☆☆☆
クリーム ☆☆☆☆
バランス ☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

JUGEMテーマ:スイーツ


at 21:50, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

ひまわり@武蔵小山

ババロアシュー ¥150
ひまわり2

駅前の、期間限定でお店が変わるスペースのようなところに出てました。
ずっと出店されてるのか期間限定なのかホントのところは未確認です。

「ババロア」に魅かれて買ってみました。
すると、ハンバーガーなんかを入れるような、紙を2枚接着して袋状に
したのにぽいっと入れてくるくると開いた口を閉じたものをそのまんま
渡されました。
↓それを開けたところ。
ひまわり1

箱やら保冷剤までの期待はしてませんでしたが、あんまりじゃないですか。
トートバッグに入れたら、出てきてしまうかもしれないし、そしたら
シューにとってもバッグの中のもろもろにとっても大不幸です。
かといって、手にそのまま持っていてはあったまってしまいます。
ここですぐ食べろってこと?
あぜんとしているうちに、後ろにいたおばさんがお店のおじさんに
問いかけました。
「ここで作ってるんですか?」
するとおじさんは、『はぁ?何言ってんの?』という態度で
「ここじゃ狭くて無理無理」と。
こんな態度を取れる人じゃあ、袋ください、なんて言ったら
ものすごくイヤな顔をされそうです。
袋は他のお店で買い物をしてなんとかすることにして、すごすごと
その場を立ち去りました。
でも、こういうのに限ってけっこうおいしかったりするんだろうなー。
だったら悔しいなぁ。

帰ってから開けてみると、他に買った物と一緒に袋に入れていたため
案の定軽くつぶれてました。
こればっかりはしょうがないです。
手に持ってたら、ババロアが溶けちゃってたかもしれませんからね。

皮は今までで一番かさかさです。
軽くてかさかさ。焼いて香ばしくなってるというのでもなく、ただ
乾燥してます。
どうすればこんなにまでかさかさなままをキープできるのかが不思議なくらい。
中のババロアは、ババロアというよりも中途半端なカスタードと生クリームの
ブレンドみたいなもの。
保冷剤もないままにしばらく持ち歩いてたから、ゆるんでもいたんでしょうね。
少しでもおいしく食べてもらいたいというお店の方の愛情も感じられなかったし
こちらも適当にしか食べる気になれませんでした。
ゆるんだスイーツって、無駄に甘いんですよね。これもまたしかり。
ちゃんと冷やし直してからだったら、もっとましだったのかな。
凍らせてシューアイスにしても、と看板に書いてあったので冷たい方がいいのは
明らかですし。
お店のおじさんの態度にあまりにもアタマに来たので、シューにはかわいそうな
ことをしてしまいました。
でももうここでは2度と買いません。

皮     ☆☆
クリーム  ☆☆
バランス  ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

at 01:09, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

ビゴの店・その3@プランタン銀座

エクレール ショコラ ¥273

BIGOT エクレア

小さな「シュー ア ラ クレーム」を1個だけ買うのは
もったいなくて一緒に買ってみました。
エクレールはもう1種類、「カフェ」もありましたが
今回はショコラに。

いつものお皿に乗せたら、意外に長〜い。
でもサクサクッと軽く食べてしまいそうな感じ。
それがまた予想を外されて、けっこう食べでがあるんです。
甘すぎず、上品なチョコレートの香りのするクリームが
しっかりたっぷり。
それでも、皮が少しだけ固めなのでたっぷりなクリームを
ちゃんと受け止めてくれて、崩れることはありません。
欲を言えば、クリームはもう少し少なくてもいいかも。
皮の上にかかってるチョコレートと一緒に食べると
バランスが チョコレート+クリーム>皮 になっちゃいます。
>ではなくて≧くらいがいいなぁ、という程度の
微妙な違いなんですけどね。

皮    ☆☆☆☆
クリーム ☆☆☆☆
バランス ☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

at 13:02, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

munchies dELI Tokyo@有楽町イトシア

豆乳米粉シュー ¥294

豆乳米粉シュー

有楽町イトシアへ行って参りました。
すごい人。
金曜の夜ですからね、仕方ないです。
洋服とかの上の方のフロアには行く気もなく、地下へ直行。
いきなり大行列…。
クリスピークリームドーナツでした。
遊園地のアトラクションのように、待ち時間の看板が!
2時間!!
行ったのが18時過ぎですから、それから2時間並んで
買って、家までたとえば1時間くらいかけて帰ったら
食べるのは何時?
こんなことを考えてしまうようでは、食べられる日は
遠いでしょうね。食べてみたいんですが。

さて、地下のグルメエリアをチェックします。
スイーツのお店は4〜5軒あったかな。
シュークリームがあったのは2軒でした。

ぱっと見は割と普通のシューっぽいです。
でも、こちらはスイーツだけではなくて、というよりも
ロハス系のデリがメインのお店。
ということで、スイーツも無添加でカラダに良い材料を
使ってるそうです。

このお店で不思議なことがひとつ。
箱ではなく、紙袋にぽんと入れてくれるのですが
販売者や消費期限を書いたシールがありません。
いいんですか?
シューは基本的に製造当日限りですが、たまに翌日まで
OKになっていることもあるので必ずチェックしてるのです。
エントリするためにお店の名前も確認できるし。
真夏に保冷剤なしで紙袋にぽん、だった「日本一」でも
袋にシールは貼ってありました。
こんなにうるさくいろいろ言われてる時なのに、大胆だなぁ。

帰宅して袋から出すと、ちっちゃいです。
お店で見た時はそんなに小さいイメージではなかったんですが。
持ってみると軽くて乾いたタイプの皮。
意外に固め。
小麦粉の代わりにお米の粉を使ってるためでしょうか。
で、クリームはミルクの代わりに豆乳を使ってるんでしょうね。
ほんのり塩気を感じます。
味はというと、予想以上に甘くない。
ほとんど甘くないです。塩気の方が勝ってるくらい。

カラダに多少良くなくても、ちゃんと甘くて香りのいい
スイーツがいいなぁ、と思わせてくれました。
元々、ロハスとか興味ないタチなので向いてなかったんですね。

皮     ☆
クリーム  (なし)
バランス  ☆
コストパフォーマンス (なし)

at 17:16, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

レグラン・その2@松屋銀座

月見シュー ¥315

レグラン月見

また行く機会があったので、買ってみました。
月見団子をイメージされているんでしょうね。
小さいシューを積んであります。

“ショコラティエ”というお店の名のとおり、このシューにも
チョコレートがたっぷり使われてます。
こんな風に積み上げてあるのを持ち帰って大丈夫なのかなぁ、と
思っていたら、チョコでしっかり固定されてました。
さらにトッピングもとろりとチョコレートソースで。

普通サイズのシューと同じく、チョコ風味の皮を小さく
焼き上げた中に、カスタードクリームが入ってます。
こちらは皮に入ってる風味だけではなくてトッピングの
ソースもからまってさらにチョコレートの味が強くなってます。
プラスチックのスプーンを付けてくれたのですが、手でつまんで
いただいてしまいました。
コンセプトはお団子ですからね。

皮とカスタードは普通サイズのものと同じなのですが
チョコレートソースがかかってることで、ショコラティエとしての
本領発揮というところでしょうか。
このお店らしい味を楽しむなら、「シュークリーム」よりもこの
「月見シュー」の方がいいかもしれません。

皮     ☆☆☆☆
カスタード ☆☆☆
バランス  ☆☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆☆

at 22:52, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)

Takatora・その3@松屋銀座

鳴門金時芋シュークリーム ¥290

Takatora 鳴門金時芋

三たび登場のTakatoraさんです。
初めて恵比寿三越で見た時には知らなかったお店だったのですが
増えましたねぇ。知らなかっただけかなぁ。
三越にもありました。
東京ミッドタウンにもあるはずですし、他にもどこかで見かけた覚えが。

以前に買ったプレーンとキャラメル以外には、チョコレートでコーティング
されていたり皮にパイ生地を組み合わせてたりするものが多いので
その後買うことはありませんでした。
ですが今回の「鳴門金時芋」は気になりまして、買ってみたわけです。

予想するに、なめらかな中にもざらっとしたお芋らしい繊維っぽい感じが
残ってるきんとんみたいなクリームが、Takatoraさんの軽めながらも
しっかりした皮に入っているのかな。
トッピングはゴマだし、割と和風な味わいなのでは。

さぁ、どうでしょう。
ほぉぉ。予想よりずーーーっとなめらかで、意外なほどカスタードっぽい。
バニラとサツマイモの香りのコラボレーション。
カスタードとお芋の甘さがいいバランスです。
皮は甘くなくさっくりしたタイプなので、ちょっと重めのクリームとも
よく合います。
そしてこれもまた意外に、ちょこっとかかっているトッピングのゴマが
けっこう効いてるんです。
和風、とまではいかないまでもナッツ系のトッピングとは違った風味が
お芋のクリームと相性いいです。

小豆バージョンもあったけど、どうしようかなぁ。

皮     ☆☆☆☆
クリーム  ☆☆☆☆☆
バランス  ☆☆☆☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆

at 23:11, Kay, オリジナル

comments(0), trackbacks(0)